• Zenkyo

あけましておめでとうございます!

みなさま、新年あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します!


さて、2020年の幕が開けたわけですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


私は毎年大晦日に「除夜の鐘」ならぬ「108杯の除夜の水」を被っていたのですが、本年は本山のお手伝いの為、法水をいただけませんでした。

なんだか毎年のルーティーンが変わると、新年を迎える気持ちもいつもと違うようで落ち着きません!笑


まぁそんな事はさて置き、、、

本年の運勢をザッと見ていきましょう!!!



令和2年(2020)庚子 七赤金星


七赤金星(しちせき きんせい)

喜び事(楽しい事・イベントなど)を表す星です。来年は東京オリンピックがあり、オリンピック一色になります。


九星気学に金星には2種類あり

・六白金星(ろっぱくきんせい)

・七赤金星(しちせききんせい)


六白は「入るお金」七赤は「出るお金」を意味し、来年は七赤ですので、国としては経済の流通が非常に盛んで、個人で言えば「支出が多い」1年になりそうです。


来年の十干十二支 

庚(かのえ・金の兄)子(ね・水)


よく「干支」と書いて"えと"と言いますが、来年の干支は庚子(かのえ・ね)です。

十干の"干"、十二支の"支"で干支と言います。


庚は金の性質で、七赤金星と同じくお金を表しています。七赤金星と庚が重なると、やはり経済の流通が盛んな1年である事が予想されます。


子は水の性質を持つ十二支です。

「一(はじめ)から、了(おわり)」という字から成り立っており、読んで字の如く始まりと終わりを表します。

子の年は気候の特徴として両極端になりやすい傾向があります。

十干の庚と子は金生水、金が水を生む関係なので、来年も水害に対して警戒が必要です。



まとめ


経済は非常に盛んな1年でしょう!

キャッシュレス化も進み目に見えないお金行き来が増えますが、実際の数字をハッキリと把握して実体を管理しましょう!


不動産は無理に手を付けない事!

⭐︎自分のお金を守る事

⭐︎支出過多にならないよう気を付ける事

この2つを意識しましょう!


気候としては引き続き水害への警戒をしましょう。

⭐︎特に9月前後は要注意です!

春が来るのが遅く、春先までは比較的暖かく穏やかですが、もし崩れると大雪になるなど両極端な1年です。

両極端な1年になりそうだからこそ、安定を意識して大きな博打は打たない事。

健康に笑顔で過ごせる事の幸せを感じながら、1年をすごしましょう!






24 views

菩薩修行

​   

一道清淨

© 2020 日蓮宗 上原寺別院 祈誓結社