• Zenkyo

立春を控え

立春が近づくにつれ、毎年必ずと言って良いほどお受けする質問がございます。


「なぜ星回りや干支は立春で変わるのか」


これは確かに難しい質問ですが、簡単にお答えさせていただきます。


なぜ立春までは前年の星回り干支なのか、についてですが

日本ではお正月に「迎春」という様に、旧暦では1〜3月を春と呼び

「春は1年の始まり、1年は春に始まる」と考えます。


「お正月は真冬なのに、なぜ迎春?」

と考えた事のある方も多いのではないでしょうか。


しかし、暦の上では立春からが春なので

「春は1年の始まり、1年は春に始まる」 が 「立春が1年の始まり」と転じました。

ここから干支の切り替わりも立春に、となった訳です。



また、立春の前日には春の節分があります。

節分には「鬼は外、福は内」と豆を撒きますが、鬼は『和名抄』によれば


「和名於爾(をに)或説云、隠字の音於爾(をに)の訛れる也」


とあります。


隠とは陰で、陽に相対する。

立春にて「春(陽)」を迎えるにあたり「鬼(陰)」を払う為、春(木気)を剋する金気(豆)ごと家の外へ投げる金気剋殺の迎春呪術な訳です。


もちろん鬼自体が木気であり、鬼に向かって豆(金気)を投げる事も大事です。

今年の節分では、ぜひこんな事を考えながら豆を投げてみてはいかがでしょうか?




63 views

菩薩修行

​   

一道清淨

© 2020 日蓮宗 上原寺別院 祈誓結社