• Zenkyo

喜捨

仏教の修行『六波羅蜜(ろくはらみつ)』は6種類の修行について説かれています。


そのうちの一つに「布施」があります。


布施行は願って自ら行うべし、と記され、促されてすると何にもならないとも説かれます。


「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻め」とは人間国宝の武原はんさんの言葉です。


しかし、得てして「受けた恩を水に流し、かけた情けを石に刻む」ということがありませんでしょうか?


人に施すことを自らするというのは難しいもので、どうしても執着が生まれます。


その執着に対して自分の心をどう向き合わせるかが「布施」の基本ではないでしょうか。


36 views

菩薩修行

​   

一道清淨

© 2020 日蓮宗 上原寺別院 祈誓結社